北海道のアブラコ釣り専門サイト。 当サイトは、北海道でアブラコを狙って釣るための有益な情報発信と魅力再発見をテーマに運営しています。 また、これからアブラコ釣りをしようと考えている方にも参考にしていいただけるよう分かりやすく説明しています。

北海道のアブラコ釣り、合わせの極意

北海道のアブラコ釣りに関する、釣果アップのためのフッキングチャンスとタイミング、合わせのコツについての解説しています。

アブラコ釣果アップの秘訣

合わせのタイミングを知る

アブラコ釣りは、ワームを跳ねさせたりフォールしたり、さまざまなアクションを加えながら魚の反応を期待しますが、釣果アップのためには適切なフッキングのタイミング、合わせのコツを知ることが大切です。

・バイトでチャンスを逃さない為のコツ

コンコンと当たりを感じ(前当たり)、反射的に即合わせしても、針掛かりせずにすっぽ抜ける確立が非常に高いです。
コンコンしている時のアブラコは、ワームの先っぽだけを咥えて餌を食いちぎろうとしている状態ですので、まだフックの先が口の中まで入っていないのです。
アブラコ釣りのフッキングチャンスは、竿先に魚の重みがのった(本当たり)その時です。

・本当たりに持ち込む方法

前当たりから本当たりに持ち込む方法のひとつに、一旦ラインテンションを抜いて(ラインを送るといいます)糸ふけを出すやり方があります。
お腹がすいた個体なら、深いバイトも期待できますし、ワームがフォール(沈んでいく事)するので、アブラコのリアクションバイトも狙いやすく、非常に有効なアクションです。
但し、長い時間のテンション抜きはアブラコに「これは餌じゃない!?」と見切られてしまう可能性も少なからずありますし、リグがボトムに放置されたステイの状態が長引けば、根掛かりの頻度も増えてしまいますので注意が必要です。
実際のテンション抜きは時間にして1,2秒程度です。
その後、メリハリ良く跳ねたワームに食らいつく場面を想像しながらアクションさせるのも良いでしょう。
また、一度くわえた口から逃げようとする餌を演出して、しっかりと追い食いを促し、フッキングチャンスに持ち込むような考え方もアリです。

・本当たりが出たら瞬時に合わせ

重みがのったら即フッキングですが、フッキングが弱いと、フックの刺さりや掛かりが浅かったりします。
ワームに抵抗を感じると、アブラコは激しく首を振りますので、掛かりが浅いと当然バラしの確立が増えてしまいます。
すっぽ抜けを恐れず、自分を信じて一気に合わせを入れましょう!

また、ロッドをあおるフッキングは竿先で力が逃げるため、アングラー(釣り人)が思っているよりフックに力が加わっていません。
竿先を曲げるフッキングよりも、ロッドを手前に引く方がフックに大きな力がかかりますので、この辺も意識しながら自分なりのフッキングスタイルを確立してください。

ちなみに、遠くで出たバイトと足元でのバイトでは、足元で掛けた場合のフッキングの方が簡単に決まることが多いです。
皆さんは穴釣りをしたことがありますよね。穴釣りをしていると、当たりがあったら即合わせでフッキングが決まることが多いと思いませんか?
アブラコをはじめ、殆どの魚は横姿勢で泳いでいます。ですから、足元へ落したフックはフッキングの際に真上に力が加わりますので掛かりやすく、逆に、遠投した分、ラインの角度が浅くなるためにフッキングはシビアとなります。



\ 最新情報をチェック/
>INFORMATION ご案内

INFORMATION ご案内


※ delight-hokkaido -北海道は釣り天国!巨大アブラコを釣りまくれ- では、おおよそこれからロックフィッシングをはじめようと考えている方、やって間もない初心者から中級者を対象にした情報発信を想定しています。上級アングラーの方々には参考にならない場合があります。
※ ここでのアブラコ釣りは、私のメインフィールドである北海道の漁港におけるワームを使用したロックフィッシングを前提に記載されています。磯ロック等では参考にならない場合があります。
※ アブラコ(アイナメ)について、当サイト内では北海道での呼び名「アブラコ」に記載を統一させていただいております。
※ 各コンテンツに記載されている内容は、当サイト管理者の経験等による持論が含まれる場合がありますのでご了承ください。
※ 釣行ブログは実際の釣行に基づき他の魚種を狙った釣りも展開されます。
※ 当サイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方は当サイトへのリンクを貼ってからご連絡ください。