北海道のアブラコ釣り専門サイト。 当サイトは、北海道でアブラコを狙って釣るための有益な情報発信と魅力再発見をテーマに運営しています。 また、これからアブラコ釣りをしようと考えている方にも参考にしていいただけるよう分かりやすく説明しています。
盲点

スピニングリールの落とし穴

盲点

【アブラコ】スピニングリールの落とし穴(北海道のアブラコ釣りを楽しむ)【コラム】

スピニングリールの落とし穴

ほとんどバックラッシュしない

スピニングリールは、ベイトリールに比べバックラッシュ(スプール内でラインがぐちゃぐちゃに絡まる現象)によるライントラブルが少なく飛距離も出しやすいことから、安定の人気を誇っています。
ライントラブルで釣行終了ほど虚しいことはありません。そのため、ベイトロッド一本のみでの釣行はあまりおすすめできません。

しかし意外な盲点が

スピニングリールとベイトリールでは、スプール(糸を巻く部分)の向きが異なります。ちなみにベイトリールにパワフルな物が多いのは、この点にも理由があります。
スピニングリールでのキャストは、このスプールの向きの関係上、毎投、ライン(糸)に捻りが加わりながら放出されます。そのため、風の影響やリグの着水の際などに、後から放出されたラインが前のラインを追い越すかたちになる場合があり、タイミング悪く次に瞬間的なテンションがかかると、特にPEラインで結びコブが出来てしまう事があるのです。
スピニングはトラブルレスではないということです。

ライントラブル(結びコブ)

一度出来てしまった結びコブは、コブ前後のラインをゆっくりと引っ張ることで解ける事もありますが、更に硬く結ばれてしまうことも多いです。
また、ほどけたとしても、その部分のライン強度はかなり低下していますので、ラインの長さが許せる範囲であれば、切ってしまった方が良いです。

また、ほどけなかった場合でも、結びコブが小さいからと、そのまま使い続けるのはNGです。
結びコブはキャストの度にガイド内を通りますので、いずれラインはロッドのガイドに絡み、大切なロッドを破損させたりすることになります。

そもそも結ぶコブが出来た糸の強度が低下していますので、キャスト時のラインの高切れやフッキング、ファイト中に切れてしまい残念な思いをすることになりますので、結びコブが出来してまったラインは切る選択しかないのです。
特に、スピニングリールにPEラインを巻いて使いたい場合は、このことを知っておくと、残念な思いをしないようにすることが出来るはずです。

古くなったPEラインは表面のコーティングも剥げており、滑らかさが無くなった結果、結びコブが出来やすくなります。
釣行回数が多い方は、特にPEラインのコンディションにも気にかけ、古くなったラインは新しいものに交換するようにしましょう。巻き取った古いPEラインは、リールの下巻きに使うなど有効に活用できます。

ラインは消耗品

ラインは消耗品です。古くなったと感じたら新しいラインに交換する。基本的なことをしっかり守るだけで、トラブルの多くは未然に防げます。
シビアなサミングを必要とせず、飛距離も出せるスピニングはかなり魅力的なリールだと思います。
私もメインでスピニングリールを愛用しています。



盲点
\ 最新情報をチェック/
>INFORMATION ご案内

INFORMATION ご案内


※ delight-hokkaido -北海道は釣り天国!巨大アブラコを釣りまくれ- では、おおよそこれからロックフィッシングをはじめようと考えている方、やって間もない初心者から中級者を対象にした情報発信を想定しています。上級アングラーの方々には参考にならない場合があります。
※ ここでのアブラコ釣りは、私のメインフィールドである北海道の漁港におけるワームを使用したロックフィッシングを前提に記載されています。磯ロック等では参考にならない場合があります。
※ アブラコ(アイナメ)について、当サイト内では北海道での呼び名「アブラコ」に記載を統一させていただいております。
※ 各コンテンツに記載されている内容は、当サイト管理者の経験等による持論が含まれる場合がありますのでご了承ください。
※ 釣行ブログは実際の釣行に基づき他の魚種を狙った釣りも展開されます。
※ 当サイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方は当サイトへのリンクを貼ってからご連絡ください。