北海道のアブラコ釣り専門サイト。 当サイトは、北海道でアブラコを狙って釣るための有益な情報発信と魅力再発見をテーマに運営しています。 また、これからアブラコ釣りをしようと考えている方にも参考にしていいただけるよう分かりやすく説明しています。

釣った魚は食べる?食べない?

釣った魚は食べる?食べない?

釣った魚をリリースすることについての考え。

釣った魚は食べる?食べない?

リリースはスマート?

単独釣行でそれなりのサイズをリリースをしている釣り人を見ると、ちょっとかっこいいとか思いませんか?
私は「きっと次も釣れるって自信があるんだな」とか「この位の魚なんて、いつだって釣ってやるぜってか」なんて、少しそんなふうに思って見てしまってる時もありました。
自分もそんなふうに見てもらいたくて、大きなサイズをどぼ~んとリリースしてみたりしたことも正直あります。
でも、喜んで持ち帰る人の姿もほっこりしますけどね。

楽しみ方は人それぞれ

釣りの楽しみ方は色々あります。
釣りの道具を揃えたり、釣行計画を立てたり。準備をしたりも含めて釣りは大変楽しいものです。
釣れた魚を調理するのが好きな人もいれば、釣ることで満足する人もいる。釣れた魚を家族や恋人に自慢したり、ご近所に振る舞って喜んでもらうことが喜びって方もいるでしょう。
釣りの楽しみ方は人それぞれです。

だから好きにすればいい

アブラコ釣りについてで言えば、「俺は45cm以上じゃなきゃリリースだぜ」とか言ってる方がたまにいます。
それぞれの考え方ではありますが、人に強要するものでもない。
その上で、食べる食べないはやはり自由です。食べたけりゃ、命に感謝して食べりゃいい。でも、余すなら逃がしてね。
私はちびアブ中アブはリリース感覚ですが、リリースに対して明確な信念もありません。基本的にリリースですけど、冷凍庫にストックがなければ持ち帰りますし、自分にとっての記念魚だったり、ダメージがいってしまった魚も持ち帰ります。持ち帰りたければ持ち帰りますし、逃がしてあげたければ逃がします。あくまでも私の場合はです。
アブラコは、釣り人が釣って食べる位で居なくなったりすることはないと思います。釣り人が環境を汚染することで居なくなることはあるかもしれませんが。



SPONSOR 広告
\ 最新情報をチェック/
>INFORMATION ご案内

INFORMATION ご案内


※ delight-hokkaido -北海道は釣り天国!巨大アブラコを釣りまくれ- では、おおよそこれからロックフィッシングをはじめようと考えている方、やって間もない初心者から中級者を対象にした情報発信を想定しています。上級アングラーの方々には参考にならない場合があります。
※ ここでのアブラコ釣りは、私のメインフィールドである北海道の漁港におけるワームを使用したロックフィッシングを前提に記載されています。磯ロック等では参考にならない場合があります。
※ アブラコ(アイナメ)について、当サイト内では基本的に北海道での呼び名「アブラコ」に記載を統一させていただいております。
※ 各コンテンツに記載されている内容は、当サイト管理者の経験等による持論が含まれる場合がありますのでご了承ください。
※ 釣行ブログは実際の釣行に基づき他の魚種を狙った釣りも展開されます。
※ 当サイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方は当サイトへのリンクを貼ってからご連絡ください。