北海道のアブラコ釣り専門サイト。 当サイトは、北海道でアブラコを狙って釣るための有益な情報発信と魅力再発見をテーマに運営しています。 また、これからアブラコ釣りをしようと考えている方にも参考にしていいただけるよう分かりやすく説明しています。
19ストラディックSHGのハンドルをゴメクサスハンドルノブにカスタム

19ストラディック2500SHGのハンドルをゴメクサスのハンドルノブに交換

19ストラディックSHGのハンドルをゴメクサスハンドルノブにカスタム

19ストラディック2500SHGのハンドルをゴメクサスのハンドルノブに交換

リールのハンドルノブを社外品に簡単ポン付けカスタム

リールのハンドルノブカスタムと言えば、ゴメクサス。

日本人は特に精密部品は国産を好む傾向のあると思うが、日本製のハンドルノブも各社数ある中、日本製ではなくあえて中国製のゴメクサスが大人気。

何よりゴメクサスのコスパの良さは群を抜いている。
タックルを直接地面に置かなければならない時でも、躊躇なくハンドルを立ててベールを保護出来るくらいの価格帯が大きな魅力の一つだ。

今回装着したのは19ストラディック2500SHG

19ストラディック2500SHG
このリールではないが、そもそもリールのT字ハンドルは使いにくさを感じていて好きになれないし、2500番サイズに大きめのパワーハンドルも不格好に思えていたので、個人的にはこの番手の純正ハンドルの形状は自分にとって結構使いやすく気に入ってはいた。

今回のプチカスタムの真の目的

しかし、 19ストラディックのハンドルシャフトにはベアリングは入っておらずカラーが挟んであるだけ。しかも許容範囲ではあったけど、ハンドルに若干のガタツキもある。
デザイン云々より実はこっちの解消が今回の真の目的。

ついでに見た目のデザインも好みに寄せて、少し気分を変えてみようと思ったのだ。

そして、組み合わせているロッドのグリップエンドの装飾に少しだけ似ているゴメクサスの小ぶりなハンドルを見つけ、今回導入してみることにした。

続いてカラーの選択。
19ストラディックは全身シルバーが特徴的。ゴメクサスのハンドルグリップも全身シルバーな物もあるが、自分的にはリールのスプールエッジやロッドに合わせてシルバーとブラックのコンビをチョイスした。

ゴメクサスのハンドルノブを購入

ゴメクサスは現在釣具店などの実店舗で入手することは出来ないのでネットで購入することになる。

公式ストアから購入したが、こんな茶封筒で素朴な感じに届いた。

ストラディックと茶封筒

そして茶封筒を開封すると、なんと潔いパッケージだろうか。
ゴメクサスハンドルノブパッケージ
この辺はさすがとしか言葉が見つからない。

そして、パッケージをよく見ると日本をかなり意識した模様にも見えるし、説明書もきちんと日本語でも書かれていたので、日本は大きなマーケティング市場なのだろう。

ゴメクサスパワーハンドルノブ説明書

さて、中身を見てみよう。

ゴメクサスハンドルノブ
セット内容は、ハンドルノブ本体と、説明書、ベアリング×2、カラー×1、ワッシャー×5、パッキン×2

ハンドルノブ単体で見ると安価がゆえ正直質感のチープさはある。
しかし、値段相応でもあり左程のがっかり感もない。

ゴメクサスハンドルのベアリングとワッシャー

ワッシャーはそれぞれに厚さが5段階になっている。
カスタムハンドルの対応するリールが数多いことやシャフトの長さ、ハンドル自体にも個体差があることから、このワッシャーを使ってガタツキを最小限に調整するための部品。

ちなみにカラーとゴムパッキンは19ストラディックには不要だ。

まず、交換の前にハンドルノブを純正と比べてみる

ゴメクサスパワーハンドル
上がノーマルハンドル。下がゴメクサスのハンドル。思い描いていたとおり、サイズ感はほとんど変わらない。
交換後に主張しすぎ感が出るのが自分好みではないのでこの辺は合格。

厚みはこんな感じ。
ゴメクサスハンドル純正と比較
悪くない。

さっそく交換作業に取り掛かる

まずはじめに、ゴメクサスのハンドルノブのあたまを外しておく。くるくる回すだけで難なく外せる。

ゴメクサスハンドルノブあたま

そして次に、純正ノブの頭のメッキ部分のパーツをマイナスドライバーでこじって取り外す。
力を入れなくてもすぐにポコッと取れてくれる。

純正ハンドルノブ取り外し
純正ハンドルノブ外し方

見えてきた中のネジをドライバーで回すと簡単にハンドルが取れて下のように裸のシャフトだけになる。
この時のネジはゴメクサスのハンドルを取り付ける時にも使うので無くさないように。

19ストラディックハンドルシャフト
このシャフトに

①ワッシャー
②ベアリング
③ゴメクサスハンドルノブ
④ベアリング

ハンドルシャフトにワッシャーを入れる

の順番で差し込んでいき、ノーマルハンドルがとまっていたネジで締め込み、ゴメクサスハンドルのフタを外した時と逆に回して締めて交換完了となる。

ワッシャーは厚みを選んで巻き感を確かめ、リールの個体毎に決めていく形となるが、自分の場合は2番目に厚いワッシャー1枚で丁度ガタツキ0、ハンドルの回転も良好な状態だった。

ハンドルノブネジ締め
ゴメクサスハンドルノブのフタを締める

19ストラディックハンドルノブ交換完成

19ストラディック2500SHGゴメクサスハンドル

実際リールに取り付けてみるとチープな感じがしなくなった。この価格でここまでなら満足。

ロッドエンド部とゴメクサス
ロッドのグリップエンド部の装飾と比較。似てると言えば似てるし似てないけどちょっとだけなんとなく統一感あるかもしれないレベル。

ストラディック、ゴメクサス、ブラックスター

今回ゴメクサスのハンドルグリップに交換したことで、ハンドルのガタは完全に解消された。

グリスがきれいなまま残っていたこともあり、特別な注油もせずにそのままカラーとベアリングを交換した形だが、回転力に不満はない。ハンドスピナー並みの回転力を求める人は脱脂の上オイルをさしてから組んだ方が良いだろう。

\ゴメクサス公式ストア/



SPONSOR 広告
19ストラディックSHGのハンドルをゴメクサスハンドルノブにカスタム
\ 最新情報をチェック/
>INFORMATION ご案内

INFORMATION ご案内


※ delight-hokkaido -北海道は釣り天国!巨大アブラコを釣りまくれ- では、おおよそこれからロックフィッシングをはじめようと考えている方、やって間もない初心者から中級者を対象にした情報発信を想定しています。上級アングラーの方々には参考にならない場合があります。
※ ここでのアブラコ釣りは、私のメインフィールドである北海道の漁港におけるワームを使用したロックフィッシングを前提に記載されています。磯ロック等では参考にならない場合があります。
※ アブラコ(アイナメ)について、当サイト内では基本的に北海道での呼び名「アブラコ」に記載を統一させていただいております。
※ 各コンテンツに記載されている内容は、当サイト管理者の経験等による持論が含まれる場合がありますのでご了承ください。
※ 釣行ブログは実際の釣行に基づき他の魚種を狙った釣りも展開されます。
※ 当サイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方は当サイトへのリンクを貼ってからご連絡ください。