北海道のアブラコ釣り専門サイト。 当サイトは、北海道でアブラコを狙って釣るための有益な情報発信と魅力再発見をテーマに運営しています。 また、これからアブラコ釣りをしようと考えている方にも参考にしていいただけるよう分かりやすく説明しています。
明邦タックルボックス(MEIHO VERSUS vs-7080)

明邦タックルボックス(MEIHO VERSUS vs-7080)

明邦ランガンシステムボックス(MEIHO VERSUS vs-7080)の紹介。vs-7080とvs-7080Nどちらを選ぶか迷っている方へ向けて。

明邦タックルボックス(MEIHO VERSUS vs-7080)の紹介

ロックフィッシャーはとにかくワームやシンカー等をたくさん持ち歩きます。
そのため、釣り場にはバッグや何かしらの道具入れを持ち込む必要があります。
釣り場やランガンスタイルに合わせてどのように持ち歩くかは変わってきますが、一つ持ってて損はない明邦(メイホウ)のタックルボックスを少し紹介します。

明邦 バーサス

明邦(メイホウ)のタックルボックスを使っているアングラーは大変多いかと思います。
明邦のタックルボックスはバーサスシリーズとバケットマウスシリーズに分かれており、それぞれのアングラーの使い方で、サイズやカラー、座れる仕様か機能面かで選ぶ、という形となります。
バケットマウスシリーズは座れるタイプとなりますが、バーサスシリーズにも座れるタイプがあったりします。

vs-7080とvs-7080N

私はvs-7080を愛用していますが、同サイズでvs-7080Nというタイプがあります。vs-7080Nは持ち手を固定できるハンドルストッパー機能が付くタイプです。魅力的ではあるのですが、vs-7080Nの場合上蓋の色がモスグリーンしかありません。これはこれでかっこいいのですが、私はどうしてもオールブラックにこだわりたかったためvs-7080としました。

私のように「黒が良いんだけど、ハンドルストッパー機能があった方がいいのかな」とvs-7080とvs-7080Nで迷っている方は大変多いかと思います。
あくまで私の見解ですが、私の場合、中に入れる物の重心を中央に持ってきているので、ロッドホルダーにロッドを刺したままランガンしても傾きはほとんど気にならず、まったく不便なく使用していますのでvs-7080を選んで全然後悔なし!大満足しています。

明邦バーサス7080

私が愛用しているのは
MEIHO VERSUS vs-7080
サイズ:375×293×275mm です。

vs-7080は座れるタイプです。

オプション多数、自分流カスタム可能

明邦のタックルボックスの魅力は、その収納性と丈夫さに加え、拡張性でしょう。
私は、明邦のロッドホルダーを二つと、ドリンクホルダーも二つ付けています(一つは喫煙者なので車用の灰皿を入れるためです)。

bm250lightロッドホルダー ロッドホルダー(bm250light)×2

ロッドホルダーは超便利です。一度使うと、これがないと釣りに行けないくらい必須。

明邦ドリンクホルダー ハードドリンクホルダーBM ×2

さすがの純正品。丈夫に出来ています。

明邦VS-7080 全体的にはこんな感じです。

ラパラのメジャーをぶら下げて使っています。

明邦VS-7080

上蓋には、フックやシンカー、ビーズ、UVライト、フィッシュグリップやはさみ等を収納。

明邦VS-7080

仕切り版は真ん中に1枚セットし、左側にワーム類、右側はジグやヘッドライト、リーダー等々を収納。

ランガンロックをしながら、場合によってはちょっとしたほかの釣りも出来る仕様で持ち歩いています。

明邦ランガンシステムボックス(MEIHO VERSUS vs-7080)

私が購入したMEIHO(メイホウ)VS-7080です。
ロッドスタンド2本がセットになってお得です。

\私はこちらから買いました/

メイホウ(明邦)ランガンシステムボックスVS-7080 仕様
本体サイズ:375×293×275(mm)
容量15L
仕切板、滑り止めラバー、上皿 付属
※各種オプションパーツ別途あり、自分流に拡張可能!



明邦タックルボックス(MEIHO VERSUS vs-7080)
\ 最新情報をチェック/
>INFORMATION ご案内

INFORMATION ご案内


※ delight-hokkaido -北海道は釣り天国!巨大アブラコを釣りまくれ- では、おおよそこれからロックフィッシングをはじめようと考えている方、やって間もない初心者から中級者を対象にした情報発信を想定しています。上級アングラーの方々には参考にならない場合があります。
※ ここでのアブラコ釣りは、私のメインフィールドである北海道の漁港におけるワームを使用したロックフィッシングを前提に記載されています。磯ロック等では参考にならない場合があります。
※ アブラコ(アイナメ)について、当サイト内では北海道での呼び名「アブラコ」に記載を統一させていただいております。
※ 各コンテンツに記載されている内容は、当サイト管理者の経験等による持論が含まれる場合がありますのでご了承ください。
※ 釣行ブログは実際の釣行に基づき他の魚種を狙った釣りも展開されます。
※ 当サイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方は当サイトへのリンクを貼ってからご連絡ください。