北海道のアブラコ釣り専門サイト。 当サイトは、北海道でアブラコを狙って釣るための有益な情報発信と魅力再発見をテーマに運営しています。 また、これからアブラコ釣りをしようと考えている方にも参考にしていいただけるよう分かりやすく説明しています。

釣り用語辞典(ロック版)

釣り用語辞典(ロック版)

※の目次から、索引(あいうえお50音順)で選べます。

ロックフィッシングで常用する専門用語

アブラコ専門サイトですのでかなりアブラコ寄りに説明しています。
この辺の言葉をおおよそ使えるようになると、釣り場でも優位に立てるかもしれませんね。

あ行

  • アイ・・・糸を結ぶためジグヘッドやオフセットフック等に装備されたリング部分。
  • 朝マズメ・・・日の出1時間前後アブラコなどの活性が上がる時間帯。
  • アタック・・・アブラコなど魚が威嚇してワームに食らいつくこと。
  • 当たり・・・アブラコなどがワームに食いついた時に手元に感じる反応。
  • 穴釣り・・・テトラ帯や敷石の隙間等に仕掛けを落として根魚を狙う釣り方。
  • アフタースポーン・・・産卵を終えた魚の総称。
  • アフタースポーニング・・・産卵後の魚を狙ったシーズン。
  • 荒食い・・・産卵に備えようとするアブラコや海が時化(しけ)た後に食欲が増す魚の様子。
  • 合わせる・・・当たりが出た時に竿をあおって釣り針を魚の口に刺す動作。
  • 合わせ切れ・・・勢いよく合わせた際に糸が切れてしまうこと。
  • アングラー・・・釣り人。
  • 糸ふけ・・・道糸のテンションが抜けている状態。
  • 入れ食い・・・毎投魚が釣れる状況。
  • ウィード・・・海藻のこと。
  • ウィードエッジ・・・ウィードの生え際。
  • ウエイト・・・おもりの重さ。
  • 浮かす・・・掛けた魚を表層に引き上げること。
  • エッジ・・・漁港内敷石など人工構造物の際や縁。かけ上がりの端。
  • 遠投・・・遠くへ向けてキャストすること。
  • 追い食い・・・漆喰にワームや餌に食らいつく様子。
  • 落ち込み・・・急激に水深が深くなった地形。
  • オフセットフック・・・根魚釣りで使う代表的な釣り針。ワームを正しく装着することで根掛かりしにくい形状となっている。

か行

  • カーブフォール・・・糸へのテンションを掛けたままワームを手前に落とす釣りのアクション。
  • 回遊・・・快適な環境を求めてアブラコなどが移動すること。
  • ガイド・・・釣り糸を竿に這わせる竿の構成パーツの一部。
  • 隠れ根・・・根魚が隠れる障害物のこと。
  • かけ上がり・・・深いところから浅いところにかわるスロープ状の海底地形。
  • カバー・・・ウィード内部や岩礁等の物陰。
  • キャスト・・・竿を振りかぶってリグを投げる動作。
  • キャッチアンドリリース・・・釣れた魚を持ち帰らないで生かして逃がすこと。
  • 際・・・防波堤の岸際や端の部分。
  • ケイソン(ケーソン)・・・漁港内の形成に必要なコンクリート製のブロック等の人工構造物の総称。
  • ゲイプ・・・釣り針のU字部分の幅を表す言葉。
  • 外道・・・狙う魚以外の魚のこと。アブラコ釣りでカジカが釣れる等。
  • ゴロタ場・・・大きな丸石がたくさんある磯エリア等を表す言葉。
  • 婚姻色・・・繁殖期に魚体の色が鮮やかに変化すること。
  • コンディション・・釣り場の状況のこと。

さ行

  • サミング・・・キャストした際にリールから出ていく糸ふけを抑えるために、糸やスプールを指で押さえてスピードをコントロールする動作。
  • サラシ・・・磯場などにできる白波の立った場所。
  • 地合・・・一時的に魚の活性が上がり、食い気が立っている時間。
  • ショエイキング・・・竿先を細かく動かし、ワームを小刻みに動かして魚を誘うアクション。
  • 潮通し・・・潮の流れが良いエリア。
  • 潮止まり・・・満潮、干潮時の潮の動きが止まっている状態。
  • 潮目・・・潮の流れ同士がぶつかり合うエリアにできる帯状の部分。
  • 時化(しけ)・・・天候により海が荒れている様子。
  • ジグ・・・ルアー、メタルジグ。
  • ジグヘッド・・・主にワームを装着して使用するオモリと釣り針が一緒になった仕掛け。
  • シモリ・・・岩礁帯などの隠れ根。
  • シャローエリア・・・水深が浅い場所。
  • ショートバイト・・・当たりが小さく、食いが浅くて針掛かりしないこと。
  • ショア・・・岸から行う釣り。オフショアの反対の意。
  • シンカー・・・オモリのこと。
  • シンキング・・・沈んでいくタイプの素材。
  • スイミング・・・ワームを中層くらいで泳がすアクション。
  • ステイ・・・ワームを止めて魚に食わせの間を作るテクニック。
  • ストラクチャー・・・テトラや漁港内人口構造物などの魚の隠れ家になっている物。
  • スポーニング・・・産卵期。
  • ずる引き・・・ワームを海底で引きずるアクション。
  • スレる・・・魚がワームなどに過敏に警戒している状態。(執筆者は、アブラコにスレている状態はあまり感じたことがない)
  • スレ掛かり・・・口以外の部分に釣り針が刺さって魚が釣れてくること。
  • スローリトリーブ・・・ゆっくりとリールを巻いてルアーを泳がすこと。
  • 底荒れ・・・海が荒れて海底の状況が荒れていること。

た行

  • タックル・・・竿、リール、仕掛け等一式のこと。
  • タナ・・・魚の泳いでいる層のこと。ロックフィッシュは中層からボトムにいる。
  • 地球を釣る・・・根掛かりのこと
  • 釣果・・・釣りの成果のこと。
  • 釣行・・・釣りをしに行くこと。
  • 手返しが良い・・・キャストを効率的に繰り返すテンポの良い釣りのこと。
  • ディープエリア・・・水深の深い場所。
  • デイゲーム・・・日中の釣り。
  • トゥイッチ・・・小刻みに竿を動かし、イレギュラーなワームの動きで魚を誘うアクション。
  • ドラグ・・・リールにあらかじめ設定した以上に糸の引きの力が加わった際、糸が切れたり、竿が折れたりしないよう、またリールにかかる負担を軽減するためにリールに備わる機能。

な行

  • 凪(なぎ)・・・穏やかな状態の海。
  • 入魂・・・新しい竿で釣った一匹目の魚(できれば本命)で竿に命を吹き込むこと。
  • 根・・・海底にある海藻などの障害物のこと。
  • 根掛かり・・・主に根魚を狙う釣りで海底にある障害物に釣り針やオモリなどが引っ掛かって外れなくなるトラブルのこと。
  • 根魚・・・海底の層に住む魚の総称。北海道ではアブラコが主役。
  • 根ずれ・・・主に根魚を狙い、魚をかけた際に糸が障害物にこすれてしまうこと。
  • ノーシンカー・・・オモリを使用しないワームの釣り仕掛け。
  • 納竿・・・その日の釣行を終えること。

は行

  • 走る・・・掛けた魚が急激に泳ぎだすこと。青物などに多い。
  • バックラッシュ・・・キャスト時にリールのスプール内に糸が絡まってしまう状態。
  • バイト・・・当たり。魚がワームや餌に食らいついた感覚を得ること。
  • フィッシュイーター・・・小魚を主食とする肉食魚の総称。
  • 爆釣・・・短時間にたくさん釣れること。
  • バラし・・・魚をかけても取り込むまでに逃げられてしまうこと。
  • フッキング・・・当たりの後に竿をあおって魚の口にしっかりと釣り針を指すこと。
  • フリーフォール・・・糸のテンションを抜いた状態で、ワームや仕掛けを落とし込むこと。
  • プリスポーン・・・産卵前の魚のこと。
  • ブレイク・・・かけ上がりのこと。アブラコ釣りでよく狙う部分です。
  • ベイト・・・魚の餌になる小魚の総称。
  • ヘチ・・・際。堤防の壁際などのこと。ここも見逃せない。
  • ボウズ・・・釣行で1匹も釣れなかったこと。

ま行

  • マッチザベイト・・・状況にぴったり合ったワーム選びのこと。
  • マズメ・・・魚の活性があがり釣果が出やすい時間帯のこと。
  • ミオ筋・・・比較的長い船道のこと。
  • メソッド・・・釣り方。

や行

  • 夕ズメ・・・夕方日が沈むまでのアブラコなどの活性が上がる時間帯。
  • ヨブ・・・潮の流れでできた海底の起伏の盛り上がった場所。
  • よれ・・・糸癖のこと。

ら行

  • ライン・・・釣り糸のこと。PEライン、ナイロンライン、フロロラインがあり、それぞれに長所短所がある。
  • ラインスラック・・・糸ふけのこと。
  • ラインブレイク・・・糸が切れてしまうこと。
  • ランアンドガン(ランガン)・・・釣果を求めて釣り場をどんどん移動して釣りを展開するスタイルのこと。
  • ランカーサイズ・・・大物のこと。
  • ランディング・・・釣った魚を取り込むこと。
  • リーダー・・・PEラインの先に結ぶ根ずれ防止用の糸のこと。
  • リーリング・・・リールを巻いてルアーや仕掛けを巻いてくる動作。
  • リアクションバイト・・・条件反射に伴う魚の当たり。
  • リグ・・・ワームやオモリ、釣り針等の仕掛け一式のこと。
  • リトリーブ・・・リールを巻いてワームや仕掛けを巻いてくる動作。
  • リフトアンドフォール・・・竿を上げてワームを跳ね上げてから沈ませる一連のアクション。ロックフィッシングの基本動作です。
  • リリース・・・釣った魚を持ち帰らずに放すこと。
  • レンジ・・・魚が泳ぐ深さの層。
  • ロッド・・・竿。
  • ロック・・・根魚のワーム釣り。
  • ロックフィッシュ・・・根魚のこと。

わ行

  • ワインド・・・ジグヘッドを使用し、竿の操作で逃げ惑うワームを表現する釣り方。
  • ワーム・・・魚が捕食する餌を模した疑似餌。

関連する記事

釣り用語辞典(完全版)

ディライト北海道

\ 最新情報をチェック/

釣り用語辞典の最新記事8件

>INFORMATION ご案内

INFORMATION ご案内


※ delight-hokkaido -北海道は釣り天国!巨大アブラコを釣りまくれ- では、おおよそこれからロックフィッシングをはじめようと考えている方、やって間もない初心者から中級者を対象にした情報発信を想定しています。上級アングラーの方々には参考にならない場合があります。
※ ここでのアブラコ釣りは、私のメインフィールドである北海道の漁港におけるワームを使用したロックフィッシングを前提に記載されています。磯ロック等では参考にならない場合があります。
※ アブラコ(アイナメ)について、当サイト内では北海道での呼び名「アブラコ」に記載を統一させていただいております。
※ 各コンテンツに記載されている内容は、当サイト管理者の経験等による持論が含まれる場合がありますのでご了承ください。
※ 釣行ブログは実際の釣行に基づき他の魚種を狙った釣りも展開されます。
※ 当サイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方は当サイトへのリンクを貼ってからご連絡ください。