北海道のアブラコ釣り専門サイト。 当サイトは、北海道でアブラコを狙って釣るための有益な情報発信と魅力再発見をテーマに運営しています。 また、これからアブラコ釣りをしようと考えている方にも参考にしていいただけるよう分かりやすく説明しています。
ジャングルジム ビーンズシンカー

ジャングルジム ビーンズシンカー

【ロックフィッシュ】シンカー(おもり)のウエイトについて【漁港】

私が漁港のアブラコ釣りで使うシンカーのウエイトについて解説。

【ロックフィッシュ】シンカー(おもり)のウエイトについて【漁港】

ウエイト選びの基準

①潮の流れで判断

私が北海道の漁港でアブラコを狙う時のシンカーは以下を基準に選んでいます。

  • 潮の流れが弱い時 = 10g
  • 潮の流れが強い時 = 14g

②遠投性能で判断

  • 近くのポイントを重点的に狙いたい時 = 10g
  • 遠くをピンポイントで狙いたい、もしくは広範囲に探りたい時 = 14g

これだけです。基本的に10g14gの2つのウエイトのみでやってます。

使っているシンカー

私が主に使っているシンカーの種類は、バレットシンカー、ビーンズシンカー、ボトコン、テキダンシンカー、ドロップシンカーです(ジカリグはあまり使いません)。
これらをどういう状況下で選んでいるかについて以下に説明します。

ドロップシンカー

・フジワラ Real Ovation ボトコン
・DECOY ドロップシンカー
・JUNGLEGYM ビーンズシンカー

①金銭面

色々な意味で本当に不本意なことですが、比較的ロストの多いジャンルの釣りですから、金銭面においても気になるところではあります。金額的には、バレットシンカーが一番安価(材質にもよります)で、次にボトコン、ドロップシンカー、テキダンシンカー、ビーンズシンカー、でしょうか。やはり必然的にこの辺は考慮します。

テキダンシンカー

・DECOY テキダンシンカー
・フジワラ Real Ovation ゼロスタンダードシンカー
・フジワラ Real Ovation ボトコン

②使用用途と頻度

使用用途としては、ドロップシンカーはダウンショットで使いますが、他はフリー系リグとなりますので、私の場合は飛距離の出やすいフリー系リグの使用頻度が高いです。

  • ボトコン・・・フリー系リグの内、私の中で一番地形感知能力に優れていると感じているのはボトコンです。手持ちにボトコンがあれば、真っ先にこれからウエイトを選びます。比較的安価ですし、持っていて損はないと思います。
  • バレットシンカー・・・安価ですが、ボトムずる引きが多い私としてはどうしても細かな地形感知が難しく感じてしまいます。
  • ビーンズシンカー・・飛距離に関してはビーンズシンカーがよく伸びるため、攻め込むポイントが遠かったり広く探りたい場合はこちらを使用しています。そのためビーンズシンカーは14gを使うことが多いです。そして、こちらはロックフィッシャーの間でかなり人気があるシンカーです。釣り具屋さんでも特に14gの品切れ率が高いので、見つけたら出来るだけ即購入するようにしています。

ビーンズシンカー14g

最後に
また、シンカーのワームとの組み合わせにおいては、ワームにも当然自重がありますし空気抵抗を受ける面積も違うので、例えばグラスミノーLとMでは、シンカーのウエイトとの組み合わせによりキャストフィールはかなり違ってきます。
たまに3gや5gのビーンズシンカーに非常に自重の軽いワームをセットしている強者もいらっしゃいますが、私には難易度が高すぎて扱えません。
このあたりは、アングラーそれぞれの腕前と知識とロッド性能が、釣果に影響をもたらしてくれるのでしょう。
色々試してみて自分なりのセッティングが確立されると良いと思います。少しでも参考になれば幸いです。



SPONSOR 広告
ジャングルジム ビーンズシンカー
\ 最新情報をチェック/
>INFORMATION ご案内

INFORMATION ご案内


※ delight-hokkaido -北海道は釣り天国!巨大アブラコを釣りまくれ- では、おおよそこれからロックフィッシングをはじめようと考えている方、やって間もない初心者から中級者を対象にした情報発信を想定しています。上級アングラーの方々には参考にならない場合があります。
※ ここでのアブラコ釣りは、私のメインフィールドである北海道の漁港におけるワームを使用したロックフィッシングを前提に記載されています。磯ロック等では参考にならない場合があります。
※ アブラコ(アイナメ)について、当サイト内では基本的に北海道での呼び名「アブラコ」に記載を統一させていただいております。
※ 各コンテンツに記載されている内容は、当サイト管理者の経験等による持論が含まれる場合がありますのでご了承ください。
※ 釣行ブログは実際の釣行に基づき他の魚種を狙った釣りも展開されます。
※ 当サイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方は当サイトへのリンクを貼ってからご連絡ください。